「幻想水滸伝2」
1998年、プレイステーションで発売された「幻想水滸伝2」。RPG好きでシナリオ重視のゲームを好まれる方にはぜひプレイしていただきたいお勧めの作品です。
ゲーム業界でも、名作と名高い幻想水滸伝シリーズですが、その中でも評価の高い2作目の今作。

まず、画像面。当時のプレステでは最高峰と言える技術のドット絵。
フィールド上でキャラクターが走り回り、戦う動きの再現度は素晴らしく、またそのドット絵で
描かれた背景も美しいです。プレイされる際はぜひ背景にも目をこらしていただきたい。

次にシステム面。ロード時間も短く、さくさくとプレイできるところも長所の一つですが、
最大の魅力は戦闘面にあります。戦闘はエンカウント制ですがとにかくスピーディーで、
ダレがちなレベル上げの途中も飽きさせない作りになっています。
そしてキャラクターごとに戦闘モーションが違って、ドット絵がコミカルに動く動く!
武器から服の装飾まで細かく描き分けられており、製作スタッフの愛と努力が垣間見えます。

またストーリー面も、圧巻。
戦争によって引き離された主人公と、幼馴染のジョウイ。彼らは運命に導かれ、敵同士となってしまいます。
憎みあっているわけではないのに、敵対しなければならない。
勧善懲悪ではなく、敵側・味方側双方に信念があり、考えさせられる深いストーリー展開に
プレイヤーは知らずの内に引き込まれ、夢中になっていきます。
108人の仲間を揃えた後のエンディングはぜひ見ていただきたい。
幾多の戦いを乗り越えてきた主人公とプレイヤーにとって、最高のエンディングが待っています。

システム・画像・シナリオ、どれをとっても欠点のない素晴らしいゲームと言えます。
現在はプレイステーションポータブルで1作目とセットで発売されているので、入手しやすくなっています。
ストーリー自体は1作目と2作目は独立しているので1作目をプレイしなくても支障はありませんが、
1作目から引き続き2作目に登場しているキャラクターも多く、ストーリー的な小ネタも多々あり、
引き継ぎシステムも充実しているので、ここはぜひ一作目からプレイしていただきたいところ。
幻想水滸伝の世界に浸り、主人公と一緒にあの広大で神秘的な世界を冒険してほしいです。